人材マネジメントのお悩みはこちら

給与計算のお悩みはこちら

人材確保困難時代に

中堅・中小企業 人事部が直面する「給与計算・支払い」5つの悩み

こんな悩み
ありませんか?

悩み1

業務が一つのシステムだけで完結せず、
紙やExcelでの煩雑な処理に追われる

業務が人事給与システムだけでなく、Excelでのデータ作成や申請など複数のアプリケーションにわたることが多く、身上変更や年末調整などの申請業務には紙によるやり取りが多い。また計算エラーの修正等に負荷がかかっている。

解決1

統合された人事給与プラットフォームにより
業務自動化とペーパーレス化を実現

20年以上にわたって日本企業の人事給与業務をサポートするSAPの統合された人事給与プラットフォームにより、複数のシステムにまたがる業務はなくなり、ペーパーレス化によるコスト削減、効率化が可能になります。また、特に複雑な計算への対応や自動チェック機能を取り揃えており、またセルフサービス機能も充実しているため、業務の自動化やエラー防止にも寄与します。

悩み2

システム更改や法改正のたびに
膨大なコストと時間がかかってしまう

人事給与システムの多くはハードウェアやソフトウェアの保守期限により、数年ごとのシステム更改が必要であり、また法改正に伴うシステム改修のたびに人事部門やIT部門には多くの負荷がかかってしまう。

解決2

クラウドサービスで、
常に最新の機能を利用可能

クラウドサービスとして提供されるSAP人事給与プラットフォームであれば、お客様は更改を気にすることなく長期にわたり安定的にご利用可能であり、システム更改の手間や費用を削減することができます。また、法改正にも迅速に対応します。

悩み3

自社でのシステム導入には人材が足りず
コストや時間がかかる

人事給与システムの導入には業務やITに精通した人材が不可欠。しかし、導入作業をすべて自社でやるには経験や負荷の面からリスクが大きく、コストや時間がかかる。

解決3

経験豊富なコンサルタントが
導入を支援

人事給与に関するあらゆる機能が一元化されたプラットフォームがクラウドで提供されるため、容易に導入が可能。また、世界177カ国、6300社以上のお客様のサポート実績を有する経験豊富なコンサルタントやパートナーが導入を支援し、適切なプロジェクトマネジメントに基づくシステム構築を実現します。

悩み4

業務が複数のシステムに分断されており、
データの重複管理が大変

業務が複数のシステムをまたいで運用されており、システムが分断されておりデータが連携していない。このため、システムごとにデータを重複管理する必要があり、業務の負荷につながっている。

解決4

統合されたプラットフォームで
データを一元管理

統合された人事給与プラットフォームは、標準機能だけでなく拡張基盤を用いて必要な機能を統合していくことが可能。これにより、複数のシステムで重複管理していたデータの一元管理が可能になり、また、データイングレーション機能によって他システムとのデータの授受、連携も簡単に柔軟に実現。業務負荷軽減に寄与します。

悩み5

人事給与システムの導入だけでは
経営層からの決済が得られない

多くの人事部門は「攻め」の人事部門として、ビジネスへの貢献を経営層から強く要請されている。そのため、業務効率化や自動化、ペーパーレス化等による生産性向上を目的とした人事給与システムの導入だけでは、経営からの承認が得られないケースがある。

解決5

人事給与以外のタレントマネジメントや
海外拠点の人事管理も幅広くカバー

SAPの人事ソリューション「SAP SuccessFactors」は給与計算等のコア人事領域だけでなく、採用からキャリア計画までのタレントマネジメントを含む、人事業務領域を包括的にカバー。人事給与業務の負荷軽減だけでなく、事業に貢献する人材輩出のためのタレントマネジメントや海外拠点の人事管理に一つのプラットフォームで対応することが可能です。

SAP SuccessFactors Employee Central Payroll 5つの導入メリット

  • メリット1

    統合されたプラットフォームにより、煩雑な業務の効率化、自動化を実現し、エラー防止にも寄与する。

  • メリット2

    クラウドサービスとして利用できる統合プラットフォームにより、常に最新の機能を利用でき、法対応にも迅速に対応する。

  • メリット3

    豊富な経験、実績を持つコンサルタントやパートナーにより、低リスク、低価格、短納期での導入が可能。

  • メリット4

    統合されたプラットフォームによって必要な機能を柔軟に拡張でき、データの一元管理が可能に。

  • メリット5

    「SAP SuccessFactors」ならコア人事業務だけでなく、タレントマネジメントを含むあらゆる機能をフルクラウド環境で利用可能。

SAPのコア人事と給与計算
ソリューションラインナップ

フルクラウド型人事ソリューションであるSAP SuccessFactorsは、
最新のテクノロジーで業務全体を管理することによって人事の「攻め」と「守り」を強化、
中堅・中小企業の人材戦略を包括的に支援します。

SAP SuccessFactors
Employee Central /
人事管理

従業員の育成や高度なスキルを備えた人材の獲得を行い、経営戦略に基づいた業務に適材適所で配置する環境づくりが、ビジネスの成否に直結します。統合的な人材マネジメントにより「攻め」の業務領域を強化し、すべての人材を適所・適材・適時に配置しながら、個々の従業員が意欲的に活躍する場を創出できます。

SAP SuccessFactors
Employee Central Payroll /
給与計算

給与計算に関する標準機能、特に毎年法改正が実施される年末調整業務におけるシステム変更対応は、SAPが適宜アップデートを実施し、ビジネスの変化に合わせて対応範囲を拡大していきます。
「守り」の業務を適切に合理化することで、限られたリソースを人事戦略の策定に集中するなど、企業経営を支える付加価値の高い業務へ注力することが可能になり、企業全体の活性化と生産性の向上につながります。

製品カタログをダウンロード

E-Book無料ダウンロード

【経営者・人事責任者必見】 これからの企業に必要な利益創出部門としての人事部 攻めの人事部に必要な3つのポイントと、たったひとつの罠

昨今の人手不足と採用難から、今後は人事部の役割が重要になると考えられています。 それは、旧来の人事から、よりアグレッシブかつ能動的な「攻めの人事部」への変化を意味しています。 この資料では、攻めの人事部の重要性と、そのポイント、従来の人事部が直面している問題などを紹介し、なぜ人事部が変革を遂げる必要があるのか、そしてどのように人手不足・採用難時代を勝ち抜いていくかのヒントを提供いたします。

ダウンロード

Workforce2020 ~2020年の人材管理~

成長率が高い企業の経営幹部ほど、人材への高度なトレーニング/能力開発プログラムが重要だと考えています。 一方で、業績不振企業の4分の1近くが、人材に関する問題は今現在だけでなく今後3年間も、事業計画においては後回しであると回答しています。この違いは、将来の人材開発に大きな影響を及ぼす可能性があります。

ダウンロード

人気Blog記事

優秀な人材の流出を防ぐ!従業員満足度の高い企業の3つの特徴

働き方の多様性、人材の流動化など、労働環境は大きな曲がり角を迎えています。しかし、優秀な人材の離職を防ぎたいと考えるのは経営者や人事担当者であれば当然のことだといえるでしょう。離職率が低く、優秀な人材が活き活きと活躍している企業にはどのような特徴があるのでしょうか。
続きを読む

業務のPDCAサイクルと融合することで目標・評価管理の効果を最大化

目標・評価管理プロセスは得てして形骸化しがちなもので、期初に立てた目標の存在を忘れ、その場しのぎの対応に追われることがしばしば起こります。このような形骸化した仕組みにならないようにするために、タレントマネジメントツールで人事評価のPDCAをしっかりと管理する方法がおすすめです。
続きを読む

SAPパートナー

SAP SuccessFactorsの導入、稼働後のサポートなどに
経験豊富なパートナー企業一覧をご紹介いたします。

Coming soon

SAPのその他の
ソリューション