人間らしい生き方を
テクノロジーが叶えていく。

太古の昔、人は森の中にいた。
自然を敬い、畏れながらも共生し、
仲間と寄り添い、笑い、泣き、同じ空を眺め、
そこからたくさんのストーリーを感じ取る感覚を持っていた。

テクノロジーがますます進化していく現代社会で、
もう一度、自然のリズムと、人間らしい生き方を取り戻すきっかけを提供したい──。
それがSnow Peakの想いだ。
その想いをSAPが支えている。

もっと読む

人間性の回復=
Snow Peakの本質

Snow Peakとは何の会社かと問われたとき、ある人はアウトドア用品のメーカーと言い、ある人は人気のアパレルメーカーと言うかもしれない。また、ある人は、都会の中でアウトドア空間を演出する建築デザイナーと言い、そして、ある人は、日本では、他に例を見ないイノベーターと言う。

どれも間違いではないが、どれも本質ではない。Snow Peakが取り組んできたのは、文明社会が現代人から奪ってきた「人間性」を回復させること──。
その一点でしかない。

顧客=仲間

「人間らしい、地に足のついたゆるやかな時間を取り戻したいという欲求は誰にでもあるんです。その願いを少しでも多くの人に叶えてもらうこと。それ以外に興味はありません」と、Snow Peak代表取締役社長の山井 太氏は言う。

社員たちは、そんなSnow Peakの想いに共感し、人間らしい時間、自分らしい生き方をともに過ごす仲間を探す。そして、年間数十回に及ぶキャンプを繰り返す。その「仲間」は、Snow Peakの「顧客」と表現できるかもしれない。だが、Snow Peakにとって、その人間たちは単なる顧客ではない。仲間であり、友であり、家族たちだ。

仲間と自分を
もっと知りたい

スノーピークは、現在アウトドア事業からもっと事業領域を広げようとしている。
コアなバリューは人間性の回復、人と自然をつなぐことだが、それをもっと深く、
より広くしていこうとしている。
そこに、SAPのシステムが非常に役に立ってくれるということを信じている。

「希望を叶える。世界を変えていく。」CM動画